【インタビュー】「けものフレンズ」仕掛け人が語ったヒットの理由

スポンサーリンク

 

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1494430911/

 

 

吉崎観音の時点である程度ヒットするんじゃないかな

 

何気に背景が凄かったよねぇ。

 

典型的な無欲の勝利だよなぁ

 

90%はたつき監督のセンスでしょ。自主制作の頃からオリジナリティとエンタメのバランス感覚は優れてた

 

最初の頃は話題になりすぎて制作側も驚きを隠せないみたいなこと言ってなかったっけ?w

 

ヒットするものは手間掛けてるからな。
かといって手間を掛ければヒットする訳ではないけど。
ブラックがどうとか言ったりサラリーマン的な人がやってたらダメ。

 

警視庁まで関心を示すありさま

 

 

大体アライさんのおかげ

 

先行したスマホゲー、コミカライズの失敗からの反省点を分析
→それを設定に生かしたTVアニメの反転攻勢
→怒涛のコラボレーションでリアル社会に波及

新しいメディアミックスの成功例として記録に残るかな

 

金朋だけは狙って配置しないとあんな役は説得力でないだろう

 

低予算ではあっても手抜きでは無かったからなあ
一話のキャラは表情も仕草も結構細かく動いてるよ
後半はさすがに息切れしてるけど予算より時間的な制約のが効いてる感あるし

 

みんな人間関係と今の世界にストレスがたまってるから癒しと逃避を求めて結果流行った

 

 

最初「何で流行ったかわからない」って言ってたじゃん

 

>>89
言ってたね

 

キャラデザとシナリオ・演出のギャップは
まどマギと似てるが

 

狙ってヒットしたのなら、このPはかなりの大天才だと思う。

 

>>100
実際は狙わなかったからヒットしたと言うね
ただ何でも作品作ろうとアイディア練る人達は必ずいて、ヒットすれば仕掛人になるだけの事
狙う狙わないは関係ないんだよ

んでこの記事は、ヒット後に後付け理論をインタビューされてるだけだからね

 

 

セリフの選び方はホント上手いと思う
1話で「自分の身は自分で守る、それがパークの掟」って
厳しい事を言われたのに
最終話で、その言葉を反故にするような展開が素晴らしい

自分の身は自分で守らなければならないんだが
もし本当に困ったら、アナタの後ろにはフレンズたちが居る
とてもいい展開だった

 

かばんちゃん(人間)が見せてきた特性

長距離歩行、道具の作成、投擲、地図の把握、橋を作る
図面を作る、ルールを設定する、適材適所の人事を考案する
文字を読む、本を読む、料理をする、説得する、
機械の構造を類推する、乗り物を操縦する、推理する
服を着る、観察学習して真似る、火や光を使う
話し合い信頼を得る、 集団の意思をまとめ上げる

よく考えていないと、これだけ人間の特徴は見せられないよ

 

てかどんな作品だってヒットは狙ってるだろ
実際に当たるかどうかは別にして意図的にわざと売れないように作品を作るわけないんだし

 

>>112
わざと売れないように作るつもりはなくても結果的にこりゃ売れねーよになる作品はやっぱどっかで抜けてるんだろうな

 


たつき監督はテレビ放送だけでなく、ネット視聴のことも考えて作品を作っていました。大画面で眺めていても楽しめる、ネットで時折画面を止めて細部を見ても楽しめる、という作りです。仕掛けに気付いてもらうフォーマットとして、繰り返し視聴できるネット配信は打ってつけでした。判明したネタを肴に、コメント機能で盛り上がることもできますし。

この意図があったならニコニコ動画で無料配信した方が良かったのでは…