スポンサーリンク
スポンサーリンク

『灰と幻想のグリムガル13巻』ネタバレ感想・評価・考察まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パラノ編の賛否は分かれるだろうけど始まった以上はちゃんとして描ききるべきだろうし、14巻で仲間達を回収して15巻でアリスの因縁とパラノ脱出くらいが無難かな。

 

13巻読んだけど、また1冊で終わってないね……
1エピソードごとにちゃんと区切りがついてるのがグリムガルの良い所だったと思っってたんだけど。
前後編でもいいけど、その割にそこまで話の進展や中身があるわけでもない……。

なんか8巻以降ずっともやもやしながら読んでる。そんな事ない?

パラノは面白そうだと思うんだけど、、、一冊の密度が薄い

 

>>28
ほぼ同意見
薔薇のマリアでもあったことだけど膨らまさなくてもいい話を膨らませて話のバランスがおかしくなっていると思う
作者はキャラが勝手に動き出す、とあとがきで何度も書いているけど7巻以降ではそれがひどすぎる

 

“土地勘”と“土地鑑”を両方使ってたり“しょっちゅう”が“しょっちょう”になってたり
1回読んですぐ気づくレベルの誤字があると編集仕事してるのか気になる

 

お前らよく色々宙ぶらりんなまんま新しい世界観どんどんぶっ込んでこられて肯定的な意見言えるな
俺はパラノとかいうクソ設定繰り広げる前にレスリーキャンプ攻略して欲しかったし
そもそもその前にメリイの身体と心の中身について、セカイジュについてちゃんと書いて欲しかったわ

 

今巻ほど「賛否両論」ってのは賛が1割以下でも言い張れるって理論を実感したことはない
ケジマンでヘイト溜めた後のつぶつぶのくだりは電子書籍リーダー叩き壊しそうになった

 

いいやん、その後ケジマン死んでほっとしたぞ俺は
しかしやっぱりパーティに1人は話転がすキャラが欲しいとこだな、今のハルヒロパーティは自分から動かなさすぎる

 

新世界についてはまぁまだ最後まで終わってないし、
否定的な結論出すのは早いんじゃないか。

しかし、たしかにこのところよく出てくる意味のわからん病んだページは確かに勘弁して欲しい。
文字を読むのも苦痛だ。無意味にあいてる空白部分とか目にすると恐ろしく寒い。
これがラノベだって事を嫌でも認識しちまう。

あと冒険の準備するところとか冒険ルート考えるシーンが面白い小説だと思ってたんだけど、
今回の前半部分にそう言うの一切なかったね。つーかこっちの世界戻ってきてからずっとない。

みながケジマンのうざさだけ目につきやすいのもそれが原因じゃないかなぁ。
見所がなくてアクセントの部分の苦味だけをきつく感じてしまう。

 

つぶつぶの下りはうんざりしたな
なぜあんな無意味に延ばすのか

 

夢のシーンはホントに無理だった

 

>>37
夢の所はひどかった
今まで新刊出る前は必ず一巻から読み返すほど好きだったが
もう無理脱落します

 

レンジはボケなん?ツッコミなん?

 

自分ではツッコミだと思ってそう

 

あれ?結構評判悪い?
確かに導入と中盤は微妙だったけど後半は個人的には結構好みだったんだよなぁ

 

レンジのお笑い好きはグリムガルでも引き継がれてんのかな
ランタ引き抜こうとしたのはそのセンスを買って…

 

シホルはドッペル
クザクはナルシィかな?

 

レンジとランタって二人ともマナトのドライな面を察してたみたいだし
割りと似た者同士なのかもな

 

ハルヒロの悪夢の内容はなんか重要な伏線かと見せかけて多分三巻のよくわからんおっさんばりの投げっぱなしジャーマンだと思う。
片腕ないけどあの夢魔もまだ討ち漏らしたまんまなんだよね

 

>>45
チョコを自分のものにしたいっていうハルヒロのエゴだかイドが悪夢になったシーンだと思う。哲学とか面倒臭いのが絡むから省いたんじゃないかな。用語も曖昧なんで詳しくは自力でしらべて

 

アリスCって男の娘?

 

シホルはトリックスター化してそう

 

アリスの挿絵みてマリア?っておもったのはおれだけじゃないはず

 

本届いてるけど忙しくてまだ読めないや
いやぁ、みんなの読後の阿鼻叫喚が理解出来ないけど見ていて楽しい

 

評価は保留かな。メリイやシホルなど
精神的な成長、特に前スレの方の指摘の通りメリイ
には必要なんだと思う。
後半のハルヒロの困惑はまさしく読者だったw
そう思うと作者は確信犯だと思う。
何回か読み直して見るとするかな。

 

夢のシーンはなにか意味があれば納得できるんだがな

 

わけわからんけど12よりは面白かった
ただダグンガルみたいに異界編は1冊にまとめてほしいわ

 

ゴブリン相手に泥臭く命のやり取りやってた義勇兵はどこいったよ
メリイ救出に眼の取引とかわくわくしたんだけどな

 

作者は異世界に来てしまった主人公達が手探りながらも生きていくってのをやりたいのかな
それならあっちこっちの世界に行くのもわかるんだが
この作品は明確なゴールがないから話が進んでるのか進んでいないのかわからん

 

シホルのヱ口解禁されたときいてきました
誰とHしたの?

 

脱がされ芸がお約束として定着しただけだよ。

 

チョコが地球でも惨殺されてたのはただの悪夢でいいんかな

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラノベ
編集者をフォローする
スポンサーリンク
ニジメイト

コメント

  1. 相変わらずのダークな世界観に引き込まれます。展開もスピーディーで、読んでて飽きさせられないです。
    また、既存の巻にも増して、各キャラクターの暗い内面の描写が多く、特にハルの弱いけれど、強くありたいと願うリーダーとしての立ち位置に共感して応援してしまいます。

    ただ、、、今回の巻の中盤頃にあるグロ描写は凄い、、、凄すぎて吐きそうになった、、、、というか途中で読むのを止めてしまう程にグロかった、、、多分私は著者様の意図した通りの反応をしているのだろうけれど、、、きっっつい。。。

  2. とにかく中身が無い。述懐が多すぎ。
    読んでいて辛い。
    楽しみにしてた分、がっかり感が尋常じゃない。