【十二大戦】第9話感想まとめ「二兎追うものは一兎も得ず」

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
 あれ?なんで宙に浮いてんだっけこの人?辰だから?鶏は飛ばなかったのに

>>18
その辺の説明バッサリカットだけど双子の巳は地、辰は天で対比させてる能力持ってて天の能力で辰は飛んでる
理解できるかどうかは知らん

>>19
そかーありがと、理解できるできる(適当

疲れ目か十二大戦がナニ大戦に見えてしまったので報告しておこう

>>21
モルダー、貴方疲れてるのよ

このアニメは佇まいに風格があるよな

この作品は特殊能力についてはとくに説明がないからな
わざわざ説明するのは野暮ということだな
回想では人となりを細かく説明してるが

全て見てる、まぁ面白いが・・・突っ込みどころが満載過ぎてw
不意打ち奇襲集団攻撃などに対し幼少期から散々鍛えられてきたはずの猛者たちが
1対1の勝負に不注意で負けました・・・ありえないでしょw

>>29
相手も一流だし

続編の展開は
十二大戦VSハンターギルド十二支んVS十二戦支エトレンジャーVSえとたま
あとついでの十二星座

作画どんどん酷くなってないか

中村光ってシナリオには全く絡んでないのかな

>>40
キャラデザが完全にオリジナル
干支って属性と戦士ってことと名前(性別もかな?)しか与えられていない状況である程度自由に書いたキャラデザに触発されて本編十二大戦が創作された

実際あの兄弟の索敵能力かなり強力だから相当強いコンビネーションだったんだろうな

猪→死体なので気配に気付かずに動き封じられて死亡
犬→自分の技で相手パワーアップさせた上に近付いてきたのに全く警戒せずに頭握りつぶされて死亡
鳥→1vs1で絶対勝てない相手って分かってたのに無謀に挑んで瞬殺
猿→余裕で拘束できてたのに舐めプしてたら予想外の攻撃食らって死亡
羊→それまで慎重だったのに虎に出会った瞬間に相手格下と決めつけて舐めてかかったらはるかに格上で瞬殺
馬→引きこもってたら酸欠死
巳→何もしないまま首チョンパされて死亡

1話でやられた猪が一番マシと言う

兄弟の話なげーよ

ウサギが一瞬でバラバラになって死んだぞ?

ここまで引っ張っといて冒頭の1分くらいであっさり辰がやられたのわろてしもたわ
来週は確定で寅の戦士死ぬしもう後は卯はバラバラになっても生きてたくらいのオチしかありえねえんだが

ネクロマンチスト強すぎだろ
だが

ラプチャー

冗談はよし子って今でも使われてるの?

尻上がりに面白くなってきたな

おい、ウサギが何のヒネリもなく、あっさり死んだw
サルゾンビは、ただのロケット発射台とかw

あとに残るメンバーの能力に面白味がない

空飛べるなら無敵だろ、って思ってたら冒頭で殺されてフイタw
てか投げたあとに辰移動したよね、てか兎空中で移動したよね?

片手で首絞めもアレだったが、もうメチャクチャだなw

長々回想やって一瞬かよ・・・回想だりぃ

てか兎飛んで偶然辰兄いる場所いったのはいいが
下でキャッチする奴いないと着地の衝撃で死ぬだろあれww

辰兄にはもう少し頑張って欲しかった

というか辰兄ゾンビが武器使わなかった理由がよくわからん
ノズル使えば安全じゃないのか

3人の決闘シーン見返してみたら、ウサギ殺られる前に自分で舌噛み切ってるんだな
自身をゾンビ化するとか半端ねえぜアイツ
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!