【Dies irae(ディエス・イレ)】第1話感想まとめ「黄昏の少女」

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
ちゃんと1話で1章の終わりまで綺麗に入れてきたな
来週は日常延長戦、ヤンキーに絡まれる、美少女転校生登場で終わるという学園系日常アニメが展開するわけだな

酔えば酔うほど強いくなるなら蘇化子さいつよやないか

正確な能力に関する解説ってどこでやってたっけ
螢の活性教室は位階の話までだった気がする

てか血のリフレインって原作だと別に歌っては無かったよな

あれ初見で「ちっちっち~」が「血、血、血、」だと思える人がどれくらいいるのか
なんでギャグ描写にしちゃったの?キャラソン出したいから?

外人の反応見てきたらchi、chi、chiとか言ってて笑った

血が欲しいのことを聞き取れれば分かるでしょ

センス最高やん
大爆笑だったわw

エイヴィヒカイトと種類
位階と渇望とかはイカベイ見ればok
ただネタバレもありだから
クリア後向けの内容説明だな

ふつーに原作HPの用語説明ページ見りゃあいいでしょ
むしろなんでアニメHPには無いんだって感じだが
厨二病の生態を理解できてないな

実際歌ってはなかったけど歌っていう設定は元々だし
フランス革命期にショー化した公開処刑に熱狂する群衆が見物しながら合唱してたっていう
元ネタは昔出版されたフランスの怪奇小説だけど、史実に即するかは知らん

正直公開処刑の大合唱は悪くないと思ったわ
爪牙やるやん

むしろキャラ設定知りたきゃ原作HPを見るべきとすら言える。
アニメHPはパンフレット以下のゴミと言って過言じゃない。

残念ながらアニメじゃ原作の濃さが伝わらないな

0話を見る限りではギャグアニメなのかこれ

どう見てもギャグだろ、聞かなきゃわかんねーのか

1話もギャグモリモリよ

チッチッチ―てなに言ってんだと思ってたけど今見てきて爆笑した
なんであんなポップになってんだよw

怒りのクリスマス……….ギャグ(確信)
いや本編は真面目だよ?シュールな所はあるけどな!

ギロチンソングは今の時代で言うところの
不謹慎ネタソングなんであれでいいと思うよ。

それを聞いて笑ってしまうのも
心無いネットリンチやってゲラゲラ笑う現代人と
公開処刑に沸き立つ民衆とで
人間そのものは時代が変わってもあんまり進歩してないねって感じでよい。

実際原作だと普通の場面だけど映像化するとシュールギャグにしか見えない場面って結構あるよね
これに限らず小説やADV全般に言えるけど

まあ文章のノリをそのまま映像化するとシュールになるよな
といっても血のリフレインはあれもっと淡々と口ずさむようにやってればギャグにはならなかったと思うけど
ただ場面のテンポ的にあえて印象付ける為にやったのかなとも思うしあそこの流れは結構インパクトあって好き
てかあれ無いと1話って抑揚なさすぎて話題にもならんでしょ……エンディングの喝采♪はだっさいけど

>>140
喝采♪はだっさい、、、
マジかよ

>>140
動かない原作ですら「これぜったい使いにくいだろ突っ込み待ちかよ」って思う腕ギロチンのバトル
映像で見たら、絶対笑っちゃうと思うわ

リフレインは夜刀様のノリだと思ってたら不意打ちくらった

ほぼ詠唱で終わる戦闘がどうなるか楽しみ

血のリフレインは笑ったけどオペラ的でもあるし分かる
EDはさっぱり理解できない

原作からして刀剣博物館だゾ
やっぱりお客様じゃないか(憤怒)

博物館行かなかったら物語始まんねーよ

血はまぁ当時はあんなもんかなっていう表現だろうし
歌ってる人もいいから気にならないんだけどな
EDはもうどうして許可したんだよ

次は竹馬
その次はシュピーネ

毎週一回は笑いどころあるな!!

……いや、マジな話。知る人間が増えるなら最初はギャク目的でも良いと思うんだよ。
どんな名作でも、知られなきゃどうしようもない。

シュピーネさんはむしろ未プレイは冷めた目で見て既プレイが爆笑してそう

液体窒素の前はなんかあったっけか…と思ったら自宅形成があったわ。

形成さんは講釈を垂れまくった挙句に自分は囮作戦をやるというオリハルコンの心臓を持ってる人

シュピーネさんは戦闘以外は優秀だろぉ!

形成さんは戦闘力が総ての物語を作るまでの
工事現場の仮設床みたいなもんだからな、

シュピーネなしにディエスは成らず
全ての道はシュピーネに続く

液体窒素の流れ大真面目に再現したらゴミみたいなテンポになりそう

シュピーネさんは一人で資金稼いで、様々な準備や交渉をこなしてきた超有能だからな
戦闘と顔が残念でその活躍も本編では語られることはないが

シュピーネさん活躍場面なんてあったっけ?
だめだ原作やったの昔で細部まで覚えてねぇ

原作じゃ活躍してないから記憶正しいよ。ドラマCDとか小説とかの過去話で優秀なのが分かる
ドラマCDだと波旬理論と同様の趣旨を力説してくれて戦闘で無双してルサルカ助けるんだぜ

シュピーネさんの見事な噛ませ芸でアニメの命運が決まるといっても過言じゃない

シュピーネ戦では途中でシュピーネさんの回想を挟もう

本当にそれ欲しいか?
尺使ってまで本当にそれ欲しいか?!

シュピーネさん必要だろ?何を言っているんだ……
例えるなら初代ポケモンでヒトカゲを選んだ時の序盤の野生のポケモン並に

シュピーネさんいないと現代の黒円卓壊滅させられてるから

シュピーネさんより優先すべきことは多くないだろ

見事に咬ませ犬こなしてくれる不変のしゅぴーねさんは大事だろ

神父様の出番はそんなにいらないかな
多分そんなにいれないだろうけど

12話までシュピーネでいい

シュピーネさんは初登場不気味で絡め手使って来る強キャラなんだろうなって思ってた
真っ向勝負挑み始めて何か察したけど

シュピーネさん回のEDはシュピーネさん追悼の特別バージョンでも良いレベル

ちっちっちーの大合唱は笑う

シュピーネさんは戦闘でも回避だけは黒円卓上位だから

あの糸に捕まったらあの神父様ですら抜け出すことができない強キャラ感

引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1507976955/

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

『【Dies irae(ディエス・イレ)】第1話感想まとめ「黄昏の少女」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/10/16(月) 00:39:27 ID:67f7e20f0 返信

    「武器を破壊されると使い手も死ぬ」っていう設定で
    相手を捕縛する糸が武器っていうどうしようもない能力のシュピーネさん