【このはな綺譚】第2話感想「春の旅路」

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
 2話見た。もう一話日常というか、舞台を説明しつつ柚と皐が親しく
なっていくエピソードを間に挟んでほしかった気がするけど、嫌いでは
ないかな。次回はサブカプで百合百合なのか。良いね良いね。

1話は床を磨きすぎて滑るとか古典すぎて×。昭和か
2話は>>48も書いてるけど休日の話をするのはもう少し旅館での仕事してるところを見せてからだろ。唐突過ぎて×

ゆかなも西村ちなみもさすがに声も演技も良いな
若手ドル声優ばかりに役振ってるアニメ業界勿体無い

西村ちなみ凄かった
昔と全然声変わってなかったもんな

神社に神様の使いが来て超常現象が起きていきいなり桜が満開
…なのにスルーして大宴会。このへんが???だったな
もしかしてあの姉妹は他の人には見えてなかったのか

>>55
毎年こんな風に桜が咲くのでは
あの世とこの世の狭間の世界では

>>55
超常現象と言うか普通の人は春一番だと思ってる

>>57
春一番って風のことだぞ

風ちゃんと吹いてましたがな

桜前線と春一番は別に連動しないだろ

春一番は風というか嵐な。日本海側では漁船転覆したりするんで春一番=ヤバイつーイメージぞ

原作では春一番か?ってセリフがあるだけで本当に春一番なのかはわからない

姉のほうが方向音痴で長く迷っていたため、この年の此花の町は桜の開花が遅かった。
って説明文があるね

こういう旅館って他の客の音はつつぬけなん?遮音性なさそう

>>65
日本家屋ってそういうもん

>>67
せめてビジネスホテルぐらいの遮音性は期待できないわけね

>>69
壁に耳あり障子に目ありと申しましてな…

昔の建物だとガラスの窓じゃなくて障子だからな

わからんことがあるなら原作買うのが手っ取り早い(ダイマ)

欧州に比べて湿気の多い日本の家屋が隙間が多いのは正しい
軒下も屋根裏も風通し重視で密閉しない作りだ

部屋の間は欄間で通風
風だけでなく音も抜けます

1話は面白かったんだけど2話は微妙だな
シリアスはいいんだけど超常現象でなんか解決したみたいなのがいらなかった

個人的には1話は微妙だったけど2話は凄く良かった

素敵な奇跡でできてるアニメですね

女の子同士のデートっていいなあニヤニヤ

最後のとこ例の姉妹の事を花時って言ってるのか、よく聞き取れん

同じバーズ作品で「ふたりべや」もアニメ化してほしいな
あれはウケるぞ

>>98
バーズがもっと有名だったらな
ミミツキとか外つ神とかあとは冬目景作品でもやってほしかったわ

このはな綺譚からバーズを有名にするんだよ

チビ柚もかわいいなー

>>102
柚は今のままでいてほしいなぁ

>>102
成長止まって~!!

>>102
上と下見比べてたらズーフィリアの気持ちがわかる気がした

たまに紅殻の「簡単クラリン」みたいになるのは元からの仕様?

原作からって意味ならそう

青年期はママンみたいな儚げ美人になるのかしら

>>111
柚ママめちゃくちゃ美人&かわいいよな
アニメには出なそうだが

引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1507812099/

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!