【ネタバレ】アニメ映画『きみの声をとどけたい』感想・考察・評価・レビューまとめ

スポンサーリンク
観てきた。予想通り自分にドンピシャな良作だったよ
飾り気がないし、表現手段がストレートなのでより心に突き刺さってきた

海老名TOHOの初回観てきた
冒頭を始めとして強引というかご都合的な展開がいくつかあったけど最後に皆で歌うところは充分にカタルシスがあったし満足できたかな
ただ三森すずこが主人公以外のキャラとほとんど絡まなくて所々蚊帳の外にいる感じがしたのはもったいないと思った
主人公の友達が喧嘩してるシーンとか画面の外から(今私それどころじゃないからヨソでやってくれないかな…)って心の声が聞こえてきそうでちょっと笑いそうになったわ
いや実際はちゃんと友達のこと心配してくれてただろうけどね
まぁ基本的に予告で感じたイメージそのままの出来だったんでそういうのを期待してる人は安心して観に行っていいんじゃなかろうか

捻りも何もないけれどよくできてた

丁寧に作ってあったね
声優さんも上手だったし

観てきた。基本女子キャラばかりなので、ポッピンQ意外と良かったぞという層にはハマるかもしれない。

>>63
ポッピンファンの俺には朗報

良い映画だったやん。決して完璧ではないけど、嫌味のない優しいシナリオがとても良かった。
泣く場面でない場面で意味不明な涙が出た。
この殺伐とした世の中で、内心こういうのに飢えていたのだろうか。優しすぎてたまらんかった。

300席くらいあるスクリーンに俺含め客10人くらいしかいなかったのが我が事のように悲しい。
しかも歳いったおっさんばかり。(多分クリエイター系の人が同業者の作品を見に来てるパターン)
平日の昼間とはいえ夏休みなんだからもうちょっとターゲット層の中高生は来ないのか。

系統的には「多少シナリオの粗があっても音楽で心に響かせる系」なので君縄っぽい感じもある。
中高生とかそういうの好きそうだから、もうちょっと注目されても良いんじゃないかと思う。
口コミ頑張れ

打ち上げ花火で予告見てさっき見た
歌も良かったしいい青春映画だった
しかしラジオDJって儲かるのか……?

>>79
ラジオ業界の者ですが、パーソナリティーなんて声優の落ちぶれから色々いるので競争率も激しくて飯なんか食えません。
結婚式の司会やコミュニケーション講座の先生やってなんとか生きてる人ばかりだね

ジャスラックがくるよ~

結局あのラジオ通のメガネちゃんは何者だったんだ……
特に自己紹介無かったよな?

オトハちんのストーカーだよ
紹介あっただろ

>>86
いや、なんであんなラジオ知識あったのかなって
親が関係者とかそういう背景話すかとおもってたけど、ただのラジオマニアだと思えばいいのか……?

何も前情報無しで見に行って最初は主人公が言霊の力で色々解決していくラクロスの話かとおもってたけどそんな事なかったぜ!

地元愛のFMヨコハマ
だったら完璧だった

Wishes Come True
繰り返し聞きたい

映画一本で終わってしまうのが勿体ない出来だった。
昔常連だった商店街のおじさん達の話とか、おとはちんと眼鏡の話とか、
祭り遊びに行く話とか、
膨らまそうと思えばいくらでも膨らませられる構成だったよね。
やるべきことはやってるから、映画としてはちゃんと終わってるんだけど
途中の物語をもっと見たくなった。
見る前は登場人物多すぎだろと思ってたけど、
見終わった後は全員キャラ立ってて好きになったわ。

キャラのバックグラウンドを想像させる描写が上手いよね

初期の設定が「歌で世界を救うべく、天使ミカエルと悪魔が戦う壮大なストーリー」だったとかw

それが何でこうなったw

>>102
ポッピンの遺伝子を受け継いでるな

>>102>>104
ポッピンQの初期設定は日常系寄りだったらしいから、なんかクロスしている感

パティシエ目指してフランスに留学とか世の中舐めたガキだなって思った

>>103
のりえ「それな

取り壊しに抵抗して闘うような展開がなくて逆に自然でよかった
ラストもベタだけどすっきりさわやかな気分で劇場を後にできた
普通に観てよかったと言える作品

観てきた
帰りにサントラ買ってきた(‘ー`)

敵のいないプリキュアみたいだった

>>113
なにそれ兆楽しそう
これから見に行くんだ~

これ制作費いくらくらいだったんだろうか。

せっかくの良作だったので、今後もこういう作品が消えぬよう、
ちょい黒字ぐらいにはなって欲しい。

今年公開のアニメ映画の中では一番良かったよ。

見終わった。良作だった。
ご都合主義と言いたい人には言わせておけばいいんだよ。
それでもラストはハッピーエンドであるべきなんだって強い思いが感じられたわ。

なぎさの母親が継母で祖母は出てくるのに実母が出てこない
ってのは小さい頃に死別してるのかなと思った。
それだけに紫音が諦めてしまうのが悲しかったんだろうな。

放送を聴いていない人たちまでコトダマが見えたのはやり過ぎな
気はしたけどクライマックスの歌は良かった

この絵いいね~。
可愛いし垢抜けた感じもするし素敵じゃない。
わたせせいぞう的な心地よさ。
恋愛要素皆無だとキツいか?

これは百合なの?

>>127
ハナヤマタよりちょい下ぐらいの百合具合

>>128
ハナヤマタとは舞台としても共通点があるね。あっちはもっと鎌倉寄りだけど

娘(小1)ポケモン観に行ったときの予告で流れててこれ観たいって言ってるんだけど子供でも面白いかんじ?

>>131
主人公達はJKだけど言霊の話とか小さい子の情操教育にはいいんじゃないかな

>>133
ありがとうそう聞いて安心した
微妙な恋愛要素とかヱ口とか暴力ぶちこまれてくると親としてはまだ見せたく無いんだけどスレ見てる限りそういうの無さそうね

>>131
小学校1年生に響くかどうか興味あるなぁ。ぜひ感想を聞いてみたいw

友情とか親子愛とか普遍的な内容もあるけど、思春期の悩みとかの要素も強いので
その年齢に達していない子が共感できるかは未知数な感じ?
あとその年齢くらいの子はラジオもなじみがなさそう。
観に行く前に、一度ラジオを聞かせたりして
ラジオがどういうものかをイメージしやすくしてあげると良いかもしれない。

あと「人の悪口はやめようね」とか「言葉には本当に力があるんだよ」とか
そういう教育的な側面にはべらぼうに効くと思うw

>>131 の人かな?好評だったようで良かった。
確かに小さい子だとあの秘密基地感はトムソーヤとか七日間とか少年少女物の醍醐味かも。
僕だけがいない街もオススメですね(ウソです)

ほぼ女の子メインで進んでいくけど百合というには全体的に関係性が薄い
ラクロス部主将コンビ
藍色仮面とおとはちん
辺りはそういう風に読み取れなくもないけど

>>132
藍色仮面→おとはちんの一方通行的なところはそう読み取った

恋愛とヱ口は全くないな
ビンタはあるけど

見てきた。傑作ではないが良作だった。
安心して見せられる児童文学アニメって感じだ。

序盤の幼女の股間どアップがヱ口くて印象的だった
あと序盤の主人公のDQNっぷりにかなり引いたのと最後には慣れたが三本眉毛が気になった
最終的にはよくまとまってて良かったと思う
できれば母親も会場に連れてってみんなの反応が見たかった

>>138
序盤のなぎさはリトルウィッチアカデミアの主人公っぽさを感じた
これ好きな人ははまると思う。

やっと見れた。いいね。
ちょっと泣いた。

JASRAC許すまじ!
あと、しいがる最高!!

ラストの紫音が歌うところでやられた
ベッタベタな分かりきった展開なのに回避できない
ああいうのはさすがにキャリアのある声優だけのことはあるね

何となく全編で予告編を見てるような感じがしたかな、特にモノローグがそんな感じ
もう一回見ると違うのかも
最後は声優とかインターネットラジオステーションを目指すことにならなくて良かったw
しかしなぎさちゃんあんな風(見た目)になっちゃうんだ…
あと乙葉さんにすごい既視感を感じてるんだけど思い出せないからもう一回見る

自分としては良作と思う一方で世間の評価をみるのが怖かったけど、好評なようで安心した
なんか、久しぶりに「アニメ映画」ってのを観たような気がした
しかし、見た目地味なのと宣伝不足で厳しいかなぁ。ジワ売れしてくれればいいんだけど
とりあえず明日会う友達には宣伝してくる

良かったけど最後の大人シーンはいらなかった

>>155
大人シーンはあってもいいけど、プロの声優かDJを使って欲しかったなぁ

聲の形とここさけと比べてどうですか?

>>157
凄く地味だけど、そこがいい

小難しいことが無くて、メッセージも明快だから娯楽として楽しめるし、
フェティッシュなシーンもキマシもないから、その手のが苦手な人でも大丈夫

半分オカルト入ってたけど
あれは恐らく映画を作った人の成功哲学だったりするんだろうな
しかしいろいろ現在の自分に示唆を与えてくれるとてもいい映画だった

映画を見終わって「きみの声をとどけたい」ってタイトルがしばらく疑問だったけど
「きみ(観客)の声(夢や希望)を宇宙が届けたがってますよ?」って意味だと解釈した

素晴らしい

>>161
非常に無粋な話をすると、きみというのは出演してる新人声優達のこと
「キミコエ」という声優オーディションの企画が元

>>162
(´・ω・`)ショボーン
だったら主人公のラストは声優にしろよゴルア
でも自己実現の手助けを作品がするってのは素晴らしいね

これ絶対に「波の数だけ抱きしめて」を意識してるよね

序盤ラクロスアニメなのかと思ってたらラジオアニメしてたと思ったら最後に24時間テレビしてたアニメ

何も期待しないで観に行ったけれど個人的に今年最高のアニメ映画だった。
すごい地味な話だし、いくつか展開が強引というか描写を端折っちゃってる感じがあったりして
満点をあげられるような作品ではないけれど、現段階で今年唯一涙腺に響いた映画だった。
まぁリアルに10年寝たきりの身内がいるからという自分の身の上もあるけど…
陳腐なぐらいのクライマックスもむしろ良かった。

レイトショーで見てきた
一言言うならもうちょい上手く料理できたんじゃねーかなと
シーンごとというか要所要所の突然感が強すぎて雑な感じがした
お話自体は結構好きだしアニメの雰囲気もいいだけに残念

それと新人声優の拙さはしょうがないんだけど、主役の子が若干滑舌悪いのが気になった
学生時代はそれでもいいけど東京FMのラジオDJならそれらしい演技してほしかったな

あとレイトだったのもあるが観てたの見事におっさんのみ20人位だったw

>>173
最後のアレは思った。せっかくTOKYO FMのパーソナリティーになるという設定なら
J-WAVEみたいな英語訛りまでは行かなくても、もうちっとプロらしいスラスラとした発音をしてほしかった。

そこまで下手とは思わなかったけどなー
主人公の子は監督がわざと素人っぽい子を選んだと言ってただけあって、情緒不安定なキャラを演じきれてない気はしたけどw

いわゆるロードラマって奴だがまあまあだったよ。パンフも買ったよ。主人公の三本眉毛には親近感がわくよ。

若者よりおっさんの心に刺さる説

>>180
俺おっさんだから心に刺さったよ!!
ミニFM / LPレコード / 人の悪口言っちゃダメ(母親説教)
劇場版アニメは小難しい構成の物が増えすぎて考察厨以外おいてけぼり感あるよ。
昨年は、縄、聲が良かったけど今季はキミコエを推すよ。
時間見つけて2回目行くつもり。まだの人は箱減らされないように支援に行ってください。

ネガティブワードが溢れてる環境にいると余計に刺さると思う

『【ネタバレ】アニメ映画『きみの声をとどけたい』感想・考察・評価・レビューまとめ』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2017/09/06(水) 16:42:14 ID:868eb4a04 返信

    概ね評価良くて安心したよ。
    自分的には去年大ヒットした映画よりも比べ物にならないくらい良かったよ。
    「この世界の片隅に」みたいに口コミで広がって欲しい。
    今週5回目観に行く予定。